工事の流れ

・オーナーが主役の家作りのプロセスを重視し、土地には一緒に足を運びます。

・設計図はオーナーが納得いくまで何度でも描き直します。

・仕上がりのイメージが掴みやすいように展開図を用いて確認作業を行います。

→展開図というのは室内を横から見た投影図の事です。
 室内に立った時と同じ見え方になので、仕上がりがしっかり把握でき、窓や棚の高さもこれを見れば一目瞭然です。
 複雑なデザインもこれを見ればバランスが確認できます。

着工前に細かくプランを練上げるため、施工中の追加工事が変更がなく、当初の予算からオーバーすることなく納得の家が完成します。

■価格の目安
お問い合わせください。
当社は建築費の10%を設計監理料として頂いております。
過去、設計実績のある建築価格帯は、2000万円から7000万円(設計監理料含む)です。

■施工対応エリア
北海道全般、札幌市近郊

家づくりセミナー

※各画像をクリックすると、その画像の拡大画像がご覧いただけます。

1.地鎮祭

その敷地の守護神を祭り土地の状況の変更等を御報告申し上げ、感謝を捧げるという日本古来の伝統です。

2.地盤号調査・改良

建物を建てる前に地盤の状況を把握する。状況により、地盤の補強等を行ないます。

敷地

4.配水管工事

建物内部の給排水を施工。水道の位置や排水の位置が決まります。

1.基礎工事

地面を掘削し、鉄筋コンクリート造の基礎を打設します。地盤の状況によっては先行して杭打ちや地盤改良工事を行ないます。

5.ガス工事

建物内部のガス管を施工。ガス栓の位地が決まります。

6.電気線工事

建物内部の配線を施工。コンセントや照明の位地が決まります。

8.銅製建具工事

主に取付工事が中心。ガラス工事は、サッシと一体化した状態で施工が多いです。

7.断熱工事

住宅を断熱構造にする事によって省エネ化もはかれます。

9.外装工事

工法により施工内容は異なる。木造の場合、モルタルに塗装する仕上。もしくはサイディングによる仕上げが主流となります。

基礎02

10.内装工事

内装工事に関しては、仕様により多種多様な工種が施工を行なう。基本的には、大工工事・クロス工事・内部塗装工事等を行います。

12.クリーニング

完成直前に建物の清掃を行います。

11.設備機器取付

コンセントやキッチン、洗面化粧台、トイレ等を設置します。

13.外講工事

駐車場やフェンス等、建物外周部の工事を行います。

14.完成お引渡し

これで、完全オーダーメイドの注文住宅が完成です。